中古医療機器の買取は複数の業者に査定を依頼するのがおすすめ!

歯医者の診療台

CONTENTS

開業医の高齢化による廃業時の中古医療機器買取サービスの活用法

歯科の内部環境

開業医は勤務医と異なり定年がないのが魅力ですが、それでも70歳を過ぎると引退を考え始めます。そして引退に伴う医院の廃業では、中古医療機器などの設備の処分が大きな問題になります。通常の解体業者に料金を払って処理してもらうことも可能ですが、中古医療機器の買取業者を活用するのが理想的です。診療所を新規にオープンする医師は格安な中古医療機器を強く求めているので、人気のある機種は専門業者に好条件で買い取ってもらえる可能性が高いです。しかし初めて不要な設備を現金化する場合には、業者探しからスタートする必要があります。廃業を検討中の高齢の医師にはハードな作業というイメージもありますが、実際にはウェブサイトで最適な業者を簡単に見つけることができます。特に廃業に伴う内装の撤去などもサポートする業者は、ユーザーの間でも高く評価されています。通常の内科や外科では検査でレントゲンを使うことが多く、X線一般撮影装置を現金化したいと考える開業医が数多くいます。メーカーや年式などを詳細に業者に伝えると、買取金額の概要もすぐに知ることができます。また心電図への需要も大きく、解析機能付きの機種は査定額が高くなる傾向が強いです。

PICK UP

TOP